EDの直接原因

男性更年期障害 ⇒ この病気を正しく知ろう ⇒ EDを起こす直接原因


EDを知ろう

EDを起こす直接原因1:活性酸素による酸化ストレス

EDを起こす病気 ←|

レビトラ シアリス バイアグラ

◆ 活性酸素は生活習慣病やEDの原因だがED治療で対処可能
ED治療
生物が生きて行く為に酸素は必須不可欠な物質です。しかし酸素は常に生物に友好的に作用する訳では有りません。

酸素は、また害にもなります。生物は一般に、単位体重当たりの使用酸素量が多い程、寿命は短くなります。
ネズミの寿命が短く、象の寿命が長いのはその為です。理由は活性酸素です。

活性酸素が細胞内のミトコンドリアやDNAを傷付ける為です。
この活性酸素は神経や血管にも傷を付けます。

活性酸素によって傷付けられた血管は、充分な量の一酸化窒素(NO)を分泌することが出来なくなります。
これが多くの生活習慣病やEDの原因でED治療で対処が可能。



◆ 酸化ストレスで拍車をかけるEDもED治療で解消

通常では活性酸素は抗酸化物質によって消去されますが、活性酸素量が多くなると、消去されない活性酸素が体内に残ります。
この状態を「酸化ストレス」と呼びます。

酸化ストレスが高い程、生活習慣病やEDになり易くなります。
酸化ストレスにより陰茎動脈も充分なNOを分泌できなくなります。

陰茎動脈は大変細いため、このストレスを真っ先に受けて、それでEDになります。
ED治療で血管を健康に出来ます。


◆ メタボも活性酸素がEDの原因。ED治療で解消

内蔵脂肪が原因で高脂血症や糖尿病を引き起こす事を「メタボリック症候群」と言いますが、これらの人はEDである場合がしばしば有ります。

EDの原因は内蔵脂肪が産出する活性酸素にあります。
EDを考える際に活性酸素、酸化ストレスと言う単語は重要なキーワードの1つになります。

内蔵脂肪が過剰な活性酸素を生み出し、酸化ストレスが高まり、血管の機能が損傷を受けてEDとなる。
これがメタボとEDの因果関係です。

血管の機能損傷を治すのがED治療です。


【 酸化ストレスとEDの関係 】



体内活性酸素が多くなる⇒酸化ストレス




神経や血管が傷つく




充分なNOが分泌されなくなる




血管(陰茎動脈)が拡張しずらくなる




勃起しなくなる=ED



EDを起こす直接原因2:男性ホルモン(テストステロン)減少


ED治療 ◆ EDの原因はテストステロンの減少

勃起の機能を大きく作用する物質に「テストステロン」があります。
一般に男性ホルモンと呼ばれているものです。
(男性ホルモンにはもう1つ、アンドロゲンと言うものもあります)

テストステロンの重要な役割は、筋肉を増強する作用や、精神活動を活発にする作用がありますが、NOを供給して血管の健康を保つのもテストステロンの重要な役割です。

血管の健康を保つのが本来のED治療なので対応可能です。

従って、テストステロンが減るとEDになり易くなります。

また、このホルモンは一般に加齢と共に減少して行きます。また、ストレスが多くなると、脳から指令が出て
テストステロンの分泌が減ってしまう事も知られています。

加齢に伴うEDの場合はテストステロンの減少が原因です。
が、ED治療で血管の方は丈夫にして対処が可能。



◆ テストステロンの減少はED以外にも影響する

さらにこのホルモンが減少すると、EDになり易いだけで無く、不安、イライラ、不眠、集中力や記憶力の低下、
筋力低下といった緒症状をもたらします。

最近ではED治療の際に、ED治療薬と男性ホルモンの投与を合わせて行なうケースもあります。
一般に年をとるとEDを受け入れてしまう傾向にあります。

しかし従来「年のせい」として諦めていたことも、医学の進歩によって、ある程度、克服可能になっています。

ED治療もその1つです。
70代でED治療をすることは、決して恥かしい事では無いのです。


【 男性ホルモンとEDの関係 】

  
男性ホルモンの役割ED治療1
・筋肉を増強する
・精神活動を活発にする
・NOを供給して血管の健康を保つ
・活性酸素の発生を防ぐ
男性ホルモン減少の原因
・加齢
・ストレス
男性ホルモンが減少すると
・EDになり易い
・不安やイライラ
・不眠
・集中力や記憶力の低下
・性欲減少
・筋力低下
・疲労感や頻尿


EDを起こす直接原因3:緊張や興奮などによる交感神経活性化


ED治療 ◆ 交感神経活性がEDの原因

勃起に必要なのは、心身がリラックスしている事です。

一方交感神経は、苦痛が有る時、敵と戦っている時、敵から逃げるかどうか葛藤している時
に活発に働いています。

こんな状況では、勃起はできません。

「苦しみながら勃起する」という事は動物では不可能なんです。



◆ ED治療予備軍の現代人の抱えるEDの原因

交感神経は、敵を目の前にして「逃げるか、戦うか」と葛藤している時に活性化する神経で、緊張状態にある時には副交感神経より交感神経の方がが優位になっています。

だから緊張状態で勃起する事は有り得ません。現代社会で生きる人間は仕事や人間関係などで様々なストレスを抱えています。

このストレスこそ緊張状態を作り出し、交感神経の働きを活発化します。
これが血管を傷付けます。ED治療で血管を修復してEDを治療できます。

この様な社会では自ずとEDになる人が増えるのです。しかしED治療で治す事は出来ます。


◆ パソコンやゲームもEDの原因

また、例えば、比較的リラックスした状態でパソコンを使う、楽しみながらゲームをする。
この様な時は心身がそれなりにリラックスしていて、EDとは無関係の様に思えます。

しかし、実は交感神経が活発に働いています。
テレビ、パソコン、ゲームなどに接している時間が長いほど、EDになる確率は高くなります。

纏めると交感神経活性⇒血管内皮障害。これはED治療で治す事が出来ます。



【 交感神経活性化がEDの原因 】


  
交感神経が活性化する状況ED治療2
・敵を目の前にして葛藤している
・仕事が忙しい時
・緊張している時
・興奮している時
・パソコンやゲームをしている時


交感神経が常に働いていると・・
・敵を目の前にして葛藤している
・勃起しにくい
・なかなか眠れない
・いつも眠りが浅い
・高血圧になる





関連記事


男性にもある。更年期障害
更年期や更年期障害と言うのは、これまで女子特有の悩みと見做され、時には女性を揶揄する言葉でもありました。
ところが今では「男の更年期」や「男の更年期障害」と言う言葉が知られる様になりました。
症状としては、不定愁訴、性機能障害、抑うつ、前立腺肥大、など個人差が大きいものの、高齢男性には大なり小なり症状が出てきます。
これは医学会だけで無く、不通の人の生活の中でも数年前から、男にも更年期や更年期障害が有るという事が話題となって来ています。
EDは治療薬で治せる病気
EDは勃起不全と訳されますが、血管内皮障害もED(Endothelial Dysfunction)と言います。
全ての生活習慣病(脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞など)は血管内皮障害(2つ目のもの)による動脈硬化が引金でおこります。
その最初の動脈硬化が、一番細い陰茎深動脈で起きているのものがEDです。
それは単に「立ちずらい事」とは根本的に違います。ED治療薬は血管内皮障害を改善する事が目的です。
ED治療を初期のうちに行えば、重篤な生活習慣病を予防できる事を意味しています。
EDは生活習慣病
日本の要ED治療人口は1130万人いて、40代男性の20%、50代男性の40%、60代男性の60%、であると推測されています。この値は生活習慣病と同じです。
生活習慣病と言うと、糖尿病、高血圧症、高脂血症、脳梗塞、心筋梗塞、などが代表的なものです。
これらの病気は、体内の1酸化窒素(NO)が減少して動脈が硬化することによって起こります。 全く同じ様に、陰茎動脈が硬化して起こる病気がEDです。
EDを起こす直接原因
勃起の機能を大きく作用する物質に「テストステロン」があります。
一般に男性ホルモンと呼ばれているものです。 (男性ホルモンにはもう1つ、アンドロゲンと言うものもあります)
テストステロンの重要な役割は、筋肉を増強する作用や、精神活動を活発にする作用がありますが、NOを供給して血管の健康を保つのもテストステロンの重要な役割です。 血管の健康を保つのが本来のED治療なので対応可能です。 従って、テストステロンが減るとEDになり易くなります。
EDと言う用語自体が誤解の元
EDはErectile Dysfunctionの頭文字をとったもので直訳すると勃起不全です。
この用語自体が誤解の元になっています。
ED治療とは「全く立たない事」を治す意味では有りません。血管内皮を健康にする事です。
陰茎動脈に硬化が始まっていれば既にED治療予備軍と言えるのです。 男性側の事情でコトが不首尾で終ってしまう場合がしばしばであり、総じて満足度が少ないという場合には要ED治療が疑われます。
勃起の仕組み知ろう
血管を拡張させる働きをするのが一酸化窒素「NO」です。
性的な興奮によって神経からNOが分泌され、血管が拡張して勃起が起こります。
その後は血管自身からNOが分泌されて勃起が継続されます。
NOの分泌量が減ると、血管が充分に拡張せず、ペニスの充血も中途半端なものになるか、ほとんど充血しないと言う状態になってしまいます。
あるいは、いったん勃起しても、その後のNOの分泌が少ない為に、勃起を維持するのが難しくなります。
これがEDです。ED治療は血管内皮障害の治療です。