ED治療は生活習慣病の予防

ED治療


ED治療薬


 その他


レビトラ


レビトラ


シアリス


シアリス


バイアグラ


バイアグラ



EDは老化や生活習慣病の血管内皮障害が引金

|→ 治療薬紹介


勃起不全(ED)は薬で治せる病気です。


実はこの病気は生活習慣病や老化によって血管の内皮組織がダメージを受ける事で起こります。
従って、薬によって血管内皮組織を健康にする事で克服が出来ます。


シアリスの成分タダラフィルは、実は肺動脈性肺高血圧症および前立腺肥大の治療薬の成分でもあります。

薬が血管治療薬である証拠です。


治したい」、「人に言えない、何とかしたい」。

でも実はもっと深刻な病気の初期症状です。



このサイトのまとめ


・ED(勃起不全)の原因は陰茎動脈の動脈硬化

 陰茎動脈&陰茎深動脈の内皮障害、簡単に言うと血管障害(動脈硬化)がEDの原因です。

 血管からNO(一酸化窒素)が放出されにくくなるからです。

 これにより、勃起を維持するサイクリックGMPが酵素によって分解されてしまうので、勃起を維持出来なくなります。


・有効な対策は無いのか

 動脈硬化を劇的に改善する方法は未だに開発されていません。

 但し、サイクリックGMPを分解する酵素の作用をブロックする薬が開発されました。

 バイアグラ・レビトラ・シアリスです。


・どこで手に入る?値段は?

 泌尿器科かED専門クリニックで処方されます。保険非適用です。

 通販でも購入できます。

 1錠で、おおよそ1,500円〜2,000円程度です。


・泌尿器科や専門クリニックの診察に気後れする。

 診察は初回のみで、問診です。既往症の確認です。2回目以降は診察が有りません。

 通販でも購入できます。



レビトラ  :  飲食に効き目を阻害されない
レビトラ


レビトラ

 成分 :バルデナフィル

 発売元:ドイツバイエル社

 長所 :容量が大きい。食事の影響を先ず受け無い

 効果 :効果のが出始:服用後15分。効果持続時間:4時間

 欠点 :シアリス程には持続時間が長くない


純正品    ⇒ 20mg 1箱 4錠 \6,880 〜 10箱


ジェネリック ⇒ 20mg 1箱10錠 \3,680 〜 20箱


バイアグラの短所を改良した「第二の治療薬」。

正規品とジェネリック品有り。


→詳細内容
→ 正規品 → ジェネリック


シアリス  :  効果の持続時間が極めて長い
シアリス


シアリス

 成分 :タダラフィル

 発売元:米国イーライリリー社

 長所 :効果が長時間継続。

 効果 :効果の出始:服用後15分。持続時間:36時間

 欠点 :特に無し


純正品    ⇒ 20mg 1箱 4錠 \8,480 〜 7箱


ジェネリック ⇒ 20mg 1箱10錠 \3,180 〜 7箱


即効性と持続性の両方を兼ね備えている。

正規品とジェネリック品有り。


→詳細内容
→ 正規品 → ジェネリック


バイアグラ  :  効果の持続時間が長い
バイアグラ


バイアグラ

 成分 :シルデナフィル

 発売元:米国ファイザー社

 長所 :ED治療薬の先駆けとして広く使用

 効果 :効果の出始:服用後15分。効果持続時間:4時間

 欠点 :食事の影響を受ける重度には困難

 一日に服用できる回数は一回のみ


純正品    ⇒  20mg 1箱4錠 \7,980 〜 7箱


ジェネリック ⇒ 100mg 1箱4錠 \3,280 〜 20箱


食事の影響、のぼせ・顔のホテリ等の欠点がある。

正規品とジェネリック品有り。


→詳細内容
→ 正規品 → ジェネリック


◆ ED治療とは生活習慣病の初期症状を改善するもの


EDは勃起不全と訳されますが、血管内皮障害もED(Endothelial Dysfunction)と言います。


全ての生活習慣病(脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞など)は血管内皮障害(2つ目のもの)による動脈硬化が引金でおこります。


その最初の動脈硬化が、一番細い陰茎深動脈で起きているのものがEDです。

それは単に「立ちずらい事」とは根本的に違います。ED治療薬は血管内皮障害を改善する事が目的です。

精力サプリとは次元が違うものです。


◆ ED治療薬は重篤な生活習慣病の予防効果が有る

生活習慣病

脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞を患った人は全員勃起不全(ED)である」と言う重要な法則があります。


一番最初に血管内皮障害が起きるのが陰茎深動脈であるからです。
症状はEDであり、自覚があります。


さらに内皮障害が進行したものが、重篤な生活習慣病で、自覚症状が有りません。


つまり、自覚した時=倒れた時です。


ED治療を初期のうちに行えば、重篤な生活習慣病を予防できる事を意味しています。
これは、上の法則の対偶命題であるため、直ちに自動的に出てくる法則です


これがED治療の本来の趣旨です。事実、ED治療薬シアリスの生活習慣病予防薬への転用開発が進められていて、既に数種の薬品が世に出ています。







ED治療の方法


◆ 現在、最も一般的なED治療は服薬です


意外と知らない事ですが、ED治療薬は泌尿器科以外のどの科でも処方して貰えます。

ですが、一番よいのは泌尿器科です。専門的な知識が豊富にあります。


また、ED治療薬を専門に処方するクリニックもあります。通常は診察は初回の問診だけです。

以降は診察は無く処方だけです。そこで貰う事も出来ます。わざわざ厄介な薬局に出向く必要は有りません。


また診察後は通販で正規品を購入する方法もあります。

どの方法を選択する場合でも、初回は必ず病院、クリニックで診察を受けて下さい。


EDを治療したいのなら、躊躇する事なく泌尿器科を訪問して下さい。


◆ EDの診察でパンツを脱ぐ事はありません


ED診察と言うと、「恥かしい」「女性の受付や看護士がいて言いずらい」と、二の足を踏みがちです。

また触診や視診は一切有りませんので、診察室でパンツを脱ぐ事などはあり得ません。


診察

診察は全て問診です。また、問診は医師との1対1で行なわれ、女性の看護士はその場には立会いません。


「・・・・しかし受付で何と言ったら・・・」と言う方はメモを渡せば事足ります。

病院やクリニックでは、EDと言う用語や意味を知っています。メモに短く単語を書いて渡せば済みます。


心配は要りません。

それでも心配でしたら、ED治療専門クリニックをお奨めします。全員男性スタッフの所が多くあります。

1回なら良いが行く毎に待合室で他人と顔を合わせたく無いと言うかたは、1回診察をクリアしたらED治療薬の正規品を通販で購入する手もあります。

● 診察での問診方法


EDの診察では問診表に記入するだけです。また、医師の質問に答えるだけの所もあります。

クリニックなどを訪問した時、最初に聞かれる事(または問診表)になりますが簡単です。

 ◆ この章の「EDのセルフチェック」で問診表に基くチェックが出来ます。




ED治療の必要が無い症状や状態(病気では無い)


心因性ED」と言う言葉を1度は聞いた事がある方は多いのでは無いでしょうか?


しかし、実際には「心因性」と言うものは有りません。あくまで体の問題です。
以下に該当しても、それは問題有りませんので安心して下さい。


◆ 初めての相手とは上手く行かなくても正常


初めての相手

相手が初めてだと緊張します。その時、身体は交感神経優位な状態にあります。
動物が交感神経が活発に働いている状態は次の状況にいる時です。


・敵を目の前にして、戦うか逃げるか葛藤している
・敵と戦っている
・敵から一目散に逃げている


哺乳類の雄は、こういう状況下で勃起する事は出来ません。
従って、初めての相手を目の前にすると交感神経が活発に働き、勃起出来なくて正常です。


決して勃起不全では有りません。何も問題は有りません。


過度の性的興奮状態でも状況は全く同じで、勃起出来ません。


この状況でもED治療薬は効果があります。
薬を飲む事で心持ちが安心し(自己暗示)、副交感神経が働き出すからです。


◆ 1度失敗して上手く行かなくても心配要りません


「予期不安」です。前回の失敗経験が緊張を生み、交感神経が活発に働いているからです。
上の項目と同じメカニズムにより勃起する事が出来ません。がED治療は必要有りません。


但し、こういう状況でもED治療薬には効果があります。
理由は上と同じで、安心する(自己暗示)事で副交感神経が働き出します。


◆ ストレスの多い生活で上手く行かなくても問題なし


交感神経はストレスに反応して、持続的な緊張状態や興奮状態をもたらします。
この場合の交感神経優位な状況が原因です。


以上はだれにでも起こる事で、決して心配する事は有りません。
EDとは血管内皮に異常が生じる事で起こる病気です(生活習慣病)。



ED治療医薬で根本的な対応や解決が出来る


ED治療薬と言うと、バイアグラ・レビトラ・シアリスが思い浮かびます。


それらを服用する事が、一時凌ぎでなく根本的なED治療になっているのか?との疑問が湧くと思います。
答え:根本的な解決になっています。


◆ ED治療は血管の内皮障害を改善する療法です


性的興奮が起こると、神経終末から1酸化窒素が分泌されて血管の内皮組織を刺激します。
血管の内皮組織からも又1酸化窒素が分泌されます。公害で有名な1酸化窒素です。


・1酸化窒素が内皮組織を刺激するとサイクリックグアノシン1リン酸と言う物質が分泌されます。
・この物質が陰茎の動脈や海綿体組織を弛緩させ、血液が大量に陰茎に流れ込み勃起が成立します。
・つまり立役者は、血管の内皮組織です。


◆ ED治療薬には血管の内皮組織を健康にする働きが有る


血管内皮組織

ED治療薬の服用は血管内皮組織を丈夫にする事が究極の目的です。
従って、ED治療薬を定期的に少量を服用する事で血管内皮組織を健康にします。


根本的な解決が可能になります。


決して1時凌ぎでは有りません。


◆ そもそもED治療薬には勃起を促進する機能は有りません


こう言うと驚くかも知れませんが、ED治療薬には勃起促進機能は備わっていません。
勃起を終了させる酵素の働きをブロックする機能しか持っていません。


・勃起を終了させる酵素はホスホ・ディ・エステラーゼと言い、全部で7タイプ有ります。
(この酵素がサイクリックグアノシン1リン酸を分解し、勃起を終了させます。)


・その内、海綿体にはタイプ5が多く分布しており、ED治療薬はタイプ5の働きをブロックするだけです。
・つまり、勃起の終了を阻害して継続させる機能であり、ED治療薬には促進機能では有りません。


● 勃起を促進しているのは血管の内皮組織


あなた自身の血管の内皮組織が1酸化窒素を分泌して勃起を促進しています。
血管の内皮組織を健康に保つ事がED治療の真髄です。



ED治療薬は精力増強剤や媚薬とは仕組みが根本的に違う


ED治療は媚薬で無い ◆ ED治療薬は精力増強薬とは別物

EDに最も効果的なのはED治療薬の服用なのですが、ED治療を精力増進の様に捉えている人が大勢います。

・飲んだら、ズット勃起した状態が続く・・のでは無いか?
・シチュエーションに関係なく勃起してしまう?
・ムラムラをコントロール出来なくなる?


多分、上記の誤解から来ているのだと思います。

一切の心配は要りません。ED治療をしても、そんな事は起きません。
何故ならED治療とは、あくまで勃起の機能を正常化させるもので有り性的刺激に普通に反応して、極普通にコトを運ばせる状態を作りだすものだからです。

普通の健康で正常な男性は、ズット勃起した状態で日々の生活を過ごす事はありませんし、「TPO」に関係なく、ところ構わず勃起してしまう事も有りません。


◆ ED治療薬は健康で正常な性機能をサポートするだけ

その不通の健康な状態に戻すのがED治療の目的です。
ED治療は健康で正常な男性機能をサポートする療法です。

ED治療をすれば、20代の元気だった頃の自分の戻るだけと考えれば良いのです。
決して、興奮状態を作り出したり、性欲を高めたりする薬では無い。それがED治療です。

・精力剤:血流促進、滋養強壮、疲労回復を目的としたもの。医薬品からサプリ、一般食品まで幅広い
      カテゴリーを含む。
・媚薬:性欲を昂進させる「催淫剤」、恋心を誘発する「ほれ薬」。但し効果が確認されたものは無い



【 ED治療薬は勃起の機能を正常化させる薬 】


ED治療薬の誤解
・飲んだらずっと勃起した状態が続くのでは?
・ところ構わず勃起してしまうのでは?
・自分の性欲をコントロールできなくなるのでは?


ED治療薬の実際の効用
・勃起の機能を正常化させる
・性的刺激に普通に反応してコトを運べる状態を作り出す