ED治療薬の副次効果

男性更年期障害 ⇒ ED治療 ⇒ ED治療薬の副次効果


ED治療の副次効果

ED治療薬の副次効果1:飲む程に治療効果を高める

怪我の功名 ←|→ EDの疑問に答える

レビトラ シアリス バイアグラ

ED治療効果1 ◆ 飲み続ける程に治療効果が高まるのがED治療薬

一般的に薬には、飲めば飲むほど体に耐性が出来て、効かなくなって来ると考えられています。
そういったケースは確かに有りますが、ED治療薬は飲めば飲む程ED治療効果が高まるされています。

ED治療とは一体何をするものだったのかを思い起こせば答がでます。

ED治療は血管の働きを健康で正常な状態を保つ事です。
風邪薬の様に、熱を下げたり咳を止めたりする薬では有りません。


◆ ED治療は不足しているものを補うこと


ED治療は「足りないものを補う治療」と言う事が出来ます。
継続的に服用する事で血管が健康になります。

ED治療し過ぎて効果が薄れるということがは起こりません。


◆ ED治療薬の実際の副作用は極めて稀

なお、ED治療薬に副作用はほとんど有りませんが、一時的な現象として、「顔のほてり」、「軽い頭痛」、などが起こる場合があります。

また稀に軽い視覚異常が起こる事が報告されています。

これ等はすべて、血管が拡張することで起こります。
また、長期服用すると筋肉痛が起こる場合が有ります。



【 ED治療をする程EDはよくなる 】


NOの量を増やし、c-GMPの働きを正常化




継続的に服用すれば、血管が健康になる




飲む程ED治療効果が高まる





ED治療薬の副次効果2:心肺機能を向上させる


ED治療効果2 ◆ 「ED治療薬が心臓に悪い」と言うのは誤解

しかし、これは完全な誤解で思い込みです。
ED治療薬を飲むと血管が拡張して血流が良くなります。
そうすると心拍数が多くなったり、動悸がする場合も有ります。それが誤解の原因です。

勿論、この現象は心臓になんら負担を掛けるものではありません。
逆に、心肺機能を高めることから、「心臓に良い」と言えます。

当然ながら心臓病や低血圧症の方には良く有りません。心臓病の方は心臓に負担がかかりますし、低血圧症の方はED治療薬の血管拡張作用で血圧が下がる為、使ってはいけません。

あくまで健康な人の心肺機能を高めると言う意味です。

ED治療薬の心肺機能向上作用については、事実オリンピックでドーピング対象薬に入れるかどうかの議論がされています。

ED治療薬を服用すると心肺機能が向上する為、成績が上がってしまう可能性が有るからです。



◆ 世界ドーピング機関(WADA)も禁止薬物に加えるかどうか検討中

ED治療薬には血管を拡張させる作用があり、理論上はこれにより血液の酸素運搬が促進される可能性がある。
ED治療薬を服用した自転車選手のパワーが40%向上した例も有る様です。

「ED治療薬はあくまで問題を修復するもので、健康な人にはパフォーマンス向上は期待出来ない」など、専門家の間でも意見が分かれている。

将来的にED治療薬が禁止薬物に指定された場合でも、選手には「ED治療目的の特例」として使用が認められるケースもある。

ただ事前の申請が必要で、「それは余りにもバツが悪いだろう」と気遣う関係者もいる。



【 ED治療薬は心肺機能を高める 】


ED治療薬を服用する




血管が拡張する




全身の血行がよくなる




心肺機能が高まる




体全体が活性化する





ED治療薬の副次効果3:頻尿にも効く


ED治療効果3 ◆ ED治療薬は頻尿をも改善できる

「年を重ねるとトイレが近くなる」と言われますが、実際70歳以上の2割、80歳以上の
3割位の人が頻尿を患っています。

「患って」と言う表現は、実際に頻尿は明確な病気だからです。

難聴や老眼などと同じで命に関わるものでは無い事から、明確に病気との認識が無いだけです(本人や周囲)。



◆ 頻尿の原因は2つあります。

@交感神経活性化
 試験の前や人前で話す時に尿意をもよおす事が良くあります。緊張によって交感神経が活性化して
 優位な状態になっているからです。

A一酸化窒素(NO)の減少

この2つの原因で頻尿になりますが、全く同じメカニズムで起こる病気があります。EDです。

意外かも知れませんが、頻尿はEDと全く同じメカニズムで起こります。

だからED治療で頻尿藻改善されます。

実際にED治療で頻尿が改善した事例は数多く報告されています。シアリスを改良して、排尿障害の改善薬にしようと言う計画も進行している様です。

・頻尿の目安:1日8回以上トイレに行く。又は、寝ている時2回以上トイレに起きる。



【 ED治療薬は頻尿にも効く 】


頻尿の原因=
  @交感神経の活性化
  ANOの減少


頻尿の原因はEDと全く同じ




ED治療は頻尿にも効く





ED治療薬の副次効果4:生活習慣病の抑制


ED治療効果4 ◆ ED治療は最初に症状が表れる生活習慣病の治療

EDは生活習慣病の1つで、かつ最初に症状が表れる生活習慣病です。

ED治療の究極の目的は重篤な生活習慣病の予防や治療です。

EDを含む生活習慣病の原因は、一酸化窒素(NO)の減少によって血管が不健康に
なっている事です。

ED治療によってNOを増やし、かつNOをの働きを正常化する事によって、血管は健康になり、ED以外の生活習慣病の改善に繋がります。


◆ ED治療はメタボを予防する

メタボリック症候群は時々「肥満」と同義語として間違って使われますが、正しくは肥満が原因で
脂質異常症(高脂血症)や糖尿病といった生活習慣病になるのがメタボリック症候群です。

ED治療によって血管を健康な状態に保って置けば、たとえ肥満であっても脂質異常症や糖尿病になりにくく
出来ます。

ED治療には肥満を直接的に撃退する力はありませんが、メタボリック症候群の予防、すなわち生活習慣病
の予防
は出来ます。


◆ ED治療は年が幾つになっても有効

では一体何歳位から生活習慣病を予防したらよいのか、と言う疑問が出てきます。
幾つからでも、幾つになってからでも大丈夫」 これが答です。

都会で働く30代の男性の30%はEDであると言われています。本人が気が付いていない場合もあります。
特に仕事で優秀な成績をおさめている人ほどストレスが大きく、EDである確率が高いと見られています。

EDが生活習慣病の最初の症状である事を考えると、今後起こるであろう重篤な生活習慣病である心筋梗塞、
脳梗塞、脳卒中を事前に予防するED治療を受けるのが、賢い選択です。

また、70代でED治療する事にも意味があります。未だEDの段階で留まっていると考えられるからです。
もしかしたら、明日、倒れるかも知れません。大丈夫だと言う保証は有りません。

今の内にED治療で重篤な病気を予防してしまいましょう。



【 ED治療も生活習慣病予防もエイジレス 】


30代
・仕事などのストレスでED、生活
 習慣病
・仕事が出来る人ほど危険
・都会で働く人ほど危ない


70代
・加齢によるED、生活習慣病
・他の生活習慣病の人もいる
・年のせいと諦めがち





ED治療や生活習慣病予防に年齢は関係ない





ED治療薬の副次効果5:癌を予防

生活習慣病を抑制出来る ←|→ 男性のアンチエイジング


ED治療効果5 ◆ ED治療薬が癌予防に繋がる可能性がある

ED治療を継続的に行なうと1酸化窒素(NO)の働きが正常化して、活性酸素による酸化ストレスを減少させる事が出来ます。

酸化ストレスの減少は、実際癌の予防として期待されています。
癌とはDNAが傷ついて起こる病気であり、DNAを傷付ける犯人は活性酸素だから。

酸化ストレスが低い状態、つまりは活性酸素が少ない状態では、DNAが損傷を受ける
ことも少なくなり、従ってガンになる確率が低くなると言う事です。

そういう意味ではED治療には、癌予防の効果の可能性が期待出来ることに
なります。


◆ ED治療薬で活性酸素を消去してDNAが傷付くのを防ぐ

但し、今は未だ可能性の段階です。
論理的な証明が出来ても、実証する充分なデータが現在では未だ有りません。

しかし今後ED治療が一般化して事例が多く集れば、ED治療とガン予防の関係も明らかになり、大きな注目が集るはずです。

現段階では、えっと思うかもしれませんが、活性酸素がDNAに傷を付けて、がん化が始まるのは確かな事です。
また、ED治療には酸化ストレスを軽減させる効果があることも事実です。

ならばED治療とがんの関係性は直ぐに気が付いて研究が進み、注目される事と思います。


◆ ED治療薬は適量飲酒の活性酸素消去作用と同じ

話しが飛躍する様に感じるかも知れませんが、飲酒にがん予防効果がある事は既に判っています。
お酒を飲むことで「アルコールディヒドロゲナーゼ」と言う酵素が活性化するからです。

この酵素には発生した活性酸素を消去して酸化ストレスを軽減させる作用があります。
ですので、適量の飲酒で、DNAを傷付ける活性酸素を消去でき、がんの予防になると考えられています。

ならば、同様に活性酸素を消去する作用のあるED治療にもがん予防効果がある事になります。
但し、お酒の飲み過は慎みましょう。



【 ED治療は、DNAが傷付くのを防ぐ 】


・酸化ストレス高
・活性酸素が多い
・DNAを傷付ける ・DNAが破壊
・がんになる


ED治療薬によって、酸化ストレスが下がる




DNAの破壊が抑制される




がん予防になる





ED治療薬の副次効果6:男性のアンチエイジング


ED治療効果6 ◆ ED治療で男性のアンチエイジング

アンチエイジングは昔から関心が有り「不老不死」などと言われて来ましたが、「色々な工夫によって加齢に対抗すること」です。

女性にとっての意味は、多くの場合「見た目を若くする」ことと同じ意味を持っています。

皮膚の老化を防いで、スキンケアして美肌を保つことなどが、女性にとってのアンチエイジングです。


◆ ED治療で血管が健康になる

一方、男性にとってのアンチエイジングとは何か?男性の場合には「一酸化窒素(NO)を増やす事」に尽きます。

NOの減少はEDやうつ病を始めとする様々な生活習慣病、記憶力の低下、高血圧、喘息、頻尿、などをもたらします。男性の不調の多くは、血管の老化に起因しています。

ED治療でNOの働きを正常化することによって、血管の機能が向上し、これらの病気を改善し、若々しく、健康的に暮らす
ことが出来ます。

男性にとってのアンチエイジングとは、突き詰めれば、血管の機能を向上させること、つまり「血管のアンチ
エイジング
」で有るといえます。

NOを増やして血管の機能を向上させる事はED治療で可能になります。ここにED治療の出番があります。


◆ 「立つ」ことは健康のバロメーター

また、「立つ」事と男性の生命力には密接な関係があります。正常に立つと言う事は、血管が健康であると言う事であり、酸化ストレスが低いということです。

又社会的なストレスにも上手に対処できている証拠です。

性交渉をするかしないかに拘わらず、健康で正常な勃起は男性にとって健康のバロメータです。
是非、ED治療でアンチエイジングを実現して下さい。



【 血管を健康に保つ事が健康の秘訣 】


女性にとってのアンチエイジング
美肌を保つ

見た目を若くする事
男性にとってのアンチエイジング
NOを増やす

血管を健康にすること




ED治療薬の副次効果7:こんな人もED治療は必要


ED治療効果7 ◆ ED治療はセックスレスでも必要

日常的に性交渉をほとんどしない生活を送っている人は、「立つ必要が無いので、EDで有ろうが無かろうが関係ない!」。

そう考えている人が多いと思います。

しかしEDは単なる「立ちにくい」事ではなく、血管の異常に原因がある生活習慣病

EDを患っていると言う事は、脳梗塞や心筋梗塞などの、より重度の生活習慣病に罹る
可能性があります。

「セックスレスだからEDは治療しなくても良い」は大変危険でリスクの高い考え方です。
また、逆にセックスレスの原因がEDにある可能性も有ります。

EDであるが故に上手くコトが運べなくなり結果的にセックスレスになってしまうと言う事はおおいに有ります。
その意味でもEDはぜひ治療すべきです。EDは器質的(体)病気なのですから。


ED治療効果8 ◆ パートナーにとってのED治療

パートナーである方にとってのED治療の意味について触れておきます。

EDは正常な性行為を阻害する病気であると言う意味で、本人だけで無くパートナー
の問題でもあります。

また、EDが体全体の不調の前兆でありEDを治療しない事が、より重篤な病気へと
繋がることを考えれば、EDとは家族の問題で有るとも言えると思います。

最近では、妻の方から夫に「泌尿器科へ行こう」と持ちかけたり、夫婦同伴で診察を受けるケースも珍しい
事では無い様です。

もし、あなたが女性で、パートナーのEDの症状に気付いてこのサイトを閲覧、又は、このサイトを閲覧して
パートナーのEDに気が付いたので有れば、迷わずパートナーにED治療を勧めて下さい。

きっと2人の幸せに繋がります。



関連記事


男性にもある。更年期障害
更年期や更年期障害と言うのは、これまで女子特有の悩みと見做され、時には女性を揶揄する言葉でもありました。
ところが今では「男の更年期」や「男の更年期障害」と言う言葉が知られる様になりました。
症状としては、不定愁訴、性機能障害、抑うつ、前立腺肥大、など個人差が大きいものの、高齢男性には大なり小なり症状が出てきます。
これは医学会だけで無く、不通の人の生活の中でも数年前から、男にも更年期や更年期障害が有るという事が話題となって来ています。
ED治療薬で治せる病気
EDは勃起不全と訳されますが、血管内皮障害もED(Endothelial Dysfunction)と言います。
全ての生活習慣病(脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞など)は血管内皮障害(2つ目のもの)による動脈硬化が引金でおこります。
その最初の動脈硬化が、一番細い陰茎深動脈で起きているのものがEDです。
それは単に「立ちずらい事」とは根本的に違います。ED治療薬は血管内皮障害を改善する事が目的です。
ED治療を初期のうちに行えば、重篤な生活習慣病を予防できる事を意味しています。
EDに関する疑問や不安に答える
疑問1:初めての人だと性交渉が上手く行きません
疑問2:EDでもマスは出来るのですか?
疑問3:朝立ちとEDは関連しますか?
疑問4:うつ病と関係すると聞きましたが・・・
疑問5:ED治療薬の使い方を教えて下さい
疑問6:ED治療薬の効き目が悪いのですが
疑問7:EDで手術をする必要はありますか?
ED治療薬の効果や副作用
バイアグラ
米国ファイザーが製造・販売するED治療が目的の薬で一般にはバイアグラ(Viagra) という商品名が付けられれています。
正式名称はクエン酸シルデナフィル (sildenafil citrate)です。 レビトラ
バイアグラに続く「第二のED治療薬」として開発されたのががレビトラ。
食事の影響を受けにくい、大容量の服用が可能
シアリス
ED治療用に最も新しく米)イーライリリー社で開発されたのがシアリス。
余談ですが、成分のタダラフィルは動脈性肺高血圧症薬にも使われていて、アドシルカという名称が用いられています。アドシルカは保険適用薬です。
ED治療薬は何をする薬なのか
一言で表現すると「PDE5(ホスホディエステラーゼType5)」の作用をブロックする薬です。
ホスホディエステラーゼ(PDE)は全身の臓器や器官の存在する酵素で、7種類(Type1〜Type7)まで確認されています。
例えばType1であるPDE1は脳、心臓、腎臓、消化器血管などに多く分布しています。
また、男性の陰茎海綿体にはPDE2、PDE3、PDE5が分布していますが、特にPDE5が高濃度で存在しています。
ED治療薬の成分である、クエン酸シルデナフィル(バイアグラの成分)、バルデナフィル(レビトラの成分)、タダラフィル(シアリスの成分)はPDE5の作用を選択的にブロックします。