動脈と海綿体平滑筋の弛緩

男性更年期障害 ⇒ 勃起の仕組み知ろう ⇒ 動脈と海綿体平滑筋の弛緩


勃起の仕組み

勃起は動脈と海綿体平滑筋が弛緩して大量の血液流入で成立

先ずは勃起の仕組み知ろう ←|→ 1酸化窒素とサイクリックGMP

レビトラ シアリス バイアグラ

レビトラ シアリス バイアグラ

■ 勃起のメカニズム

陰茎があの様に硬く大きくなるのかについて、詳しくは知っている人は少ないと思います。
知ってもどうにもなりませんが、EDの原因はED治療薬の働きを知る上では、知る事も近道です。

陰茎は海綿体で出来ていて、スポンジに似た組織です。
細い動脈と多数の小さな空洞が網状になった構造をしています。

普段、動脈は壁を作っている平滑筋によって圧縮された状態になっています。
また、空洞も取り巻く網状の平滑筋によって圧縮されています。

その為、陰茎の中を流れる血液の量は少なく、空気の抜けた風船の様に、しぼんで柔らかい状態になっています。

ところが、性的な刺激が有って、その信号が陰茎に到達すると、動脈壁を作る平滑筋と空洞を取り巻く平滑筋が弛緩します。

すると、圧縮された状態が開放されて、動脈と空洞が広がって、そこに大量の血液が流れ込んで来ます。
これで、陰茎は風船が膨らんだ様に大きくなり、さらに取り囲んでいる白膜がピンと張って硬くなります。


■ 平常時の状態

上は通常時の陰茎の血流状態です。深動脈と背動脈から流れ込んだ血液は、一部は螺行動脈に行きさらに深陰茎背動脈から流れ出て行きます。
この際、動脈を形成する平滑筋は縮んでおり、血液の流れる量は少なく、陰茎は小さく柔らかい状態になっています。

        

■ 勃起時の状態

性的な刺激が起きると、神経の刺激によって、螺行動脈形成する平滑筋が弛緩し、深動脈と背動脈から血液が大量に流れ込んで来ます。

同時に海綿体の平滑筋も弛緩して空洞にも大量の血液が流れ込んで来ます。
この為、洞の内圧が上昇して膨らみます。

と、同時に流出静脈が押しつぶされます。さらに白膜が圧迫されて、内部を貫く静脈が圧迫され血液の逃げ場がなくなります。
結果、白膜は緊張して硬くなり勃起が成立します。