1酸化窒素とサイクリックGMP

男性更年期障害 ⇒ 勃起の仕組み知ろう ⇒ 1酸化窒素とサイクリックGMP


勃起の仕組み

1酸化窒素とサイクリックGMP

動脈と海綿体平滑筋の弛緩 ←|→ 勃起終了メカニズム

レビトラ シアリス バイアグラ

■ 1酸化窒素の重要な働き

実は前のページのプロセスで重要な働きをする物質があります。

1酸化窒素(no)とサイクリックグアノシン1リン酸(cGMP)です。
1酸化窒素とcGMPは、血管平滑筋と海綿体平滑筋の弛緩に不可欠な物質です。

この事が解ったのも10数年前の事で、これを発見した3人のアメリカの研究者にノーベル生理学・医学章が授与されています。

人間が特定の器官(視覚、聴覚、触覚、など)や想像によって性感が刺激されると、脳幹の視床・視床下部の特定部位の働きが活発になります。

この情報が交感神経と副交感神経を通じて陰茎の神経に伝達されます。

この際、神経終末と内皮細胞からNOが分泌されます。
さらにNOはある酵素を刺激してcGMPを産出させます。

直接的に海綿体に平滑筋を弛緩させるのは、cGMPです。またNOは内皮細胞自身を活性化させてNOを分泌促進します。

従って、動脈硬化が起きていたり、活性酸素や薬物で血管の内皮細胞がダメージを受けていると、内皮細胞からNOが分泌されず、勃起は成立しない事になります。

勃起不全(ED)は、こうした化学物質や酵素も含めた一連のメカニズムが上手く機能しない事によって起こります。

動脈硬化症や高血圧、糖尿病などの原因によって、いずれかのプロセスが働かなくなる為です。

従ってEDを治す事は、これ等のメカニズムのどこに欠陥があるのかを突き止め、それを解消する事になります。

        

ED治療薬レビトラ:飲食に効き目を阻害されない
レビトラ

 成分 :バルデナフィル

 発売元:ドイツバイエル社

 長所 :容量が大きい。食事の影響を先ず受け無い

 効果 :効果の出始:服用後15分。効果持続時間:4時間

 欠点 :シアリス程には持続時間が長くない

 用量 :日本国内認可は10mg、20mg

      (バイアグラの50mg、100mgと同じ)


バイアグラの短所を改良した「第二のED治療薬」。

正規品とジェネリック品有り。

 詳細内容  通販サイト


ED治療薬シアリス:効果の持続時間が極めて長い
シアリス

 成分 :タダラフィル

 発売元:米国イーライリリー社

 長所 :効果が長時間継続。

 効果 :効果の出始:服用後15分。持続時間:36時間

 欠点 :特に無し

 用量 :日本国内認可容量:5mg・10mg・20mgの3種


即効性と持続性の両方を兼ね備えているED治療薬。

正規品とジェネリック品有り。

 詳細内容  通販サイト


ED治療薬バイアグラ:効果の持続時間が長い
バイアグラ

 成分 :シルデナフィル

 発売元:米国ファイザー社

 長所 :ED治療薬の先駆けとして広く使用

 効果 :効果の出始:服用後15分。効果持続時間:4時間

 欠点 :食事の影響を受ける重度には困難

 用量 :日本国内認可は25mg、50mg

 一日に服用できる回数は一回のみ


食事の影響、のぼせ・顔のホテリ等の欠点があるED治療薬。

正規品とジェネリック品有り。

 詳細内容  通販サイト

関連記事


男性にもある。更年期障害
更年期や更年期障害と言うのは、これまで女子特有の悩みと見做され、時には女性を揶揄する言葉でもありました。
ところが今では「男の更年期」や「男の更年期障害」と言う言葉が知られる様になりました。
症状としては、不定愁訴、性機能障害、抑うつ、前立腺肥大、など個人差が大きいものの、高齢男性には大なり小なり症状が出てきます。
これは医学会だけで無く、不通の人の生活の中でも数年前から、男にも更年期や更年期障害が有るという事が話題となって来ています。
EDは治療薬で治せる病気
EDは勃起不全と訳されますが、血管内皮障害もED(Endothelial Dysfunction)と言います。
全ての生活習慣病(脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞など)は血管内皮障害(2つ目のもの)による動脈硬化が引金でおこります。
その最初の動脈硬化が、一番細い陰茎深動脈で起きているのものがEDです。
それは単に「立ちずらい事」とは根本的に違います。ED治療薬は血管内皮障害を改善する事が目的です。
ED治療を初期のうちに行えば、重篤な生活習慣病を予防できる事を意味しています。
勃起の仕組み知ろう
血管を拡張させる働きをするのが一酸化窒素「NO」です。
性的な興奮によって神経からNOが分泌され、血管が拡張して勃起が起こります。
その後は血管自身からNOが分泌されて勃起が継続されます。
NOの分泌量が減ると、血管が充分に拡張せず、ペニスの充血も中途半端なものになるか、ほとんど充血しないと言う状態になってしまいます。
あるいは、いったん勃起しても、その後のNOの分泌が少ない為に、勃起を維持するのが難しくなります。
これがEDです。ED治療は血管内皮障害の治療です。
勃起は動脈と海綿体平滑筋の弛緩
陰茎は海綿体で出来ていて、スポンジに似た組織です。
細い動脈と多数の小さな空洞が網状になった構造をしています。
普段、動脈は壁を作っている平滑筋によって圧縮された状態になっています。
また、空洞も取り巻く網状の平滑筋によって圧縮されています。
その為、陰茎の中を流れる血液の量は少なく、空気の抜けた風船の様に、しぼんで柔らかい状態になっています。
ところが、性的な刺激が有って、その信号が陰茎に到達すると、動脈壁を作る平滑筋と空洞を取り巻く平滑筋が弛緩します。
勃起終了メカニズム
性的興奮が収まると、神経終末や血管からの1酸化窒素の分泌が終了し、cGMPの産出が終了します。
「しかし、既に出来てしまっているcGMPはどうなるのか?」
これは、元々存在している酵素:PDE5(ホスホ・ディ・エステラーゼ・タイプ5)がサイクリックグアノシン1リン酸(cGMP)を分解します。
その結果として、血管や海綿体の平滑筋の弛緩が元に戻り勃起が終了します。 また、ホルモンも関与しています。